WordのMOS資格を取得したのですが。

f:id:KhZlA6akjKlQKs7:20220101210509p:plain

「更生施設けやき荘職員」が謝罪しない限り梃子でも働かないです。
MOSの資格取得までした、間違いなく働ける。
「福祉事務所の担当」に「更生施設けやき荘職員が謝罪しない限り何があっても就労しない」と言う。
福祉事務所の担当、保健師、就労移行事業所の職員それらの人たちを困らせて。
ただ「ごめんなさい」の一言で働く、お願いだから謝罪して下さい。

このブログと関係のあるサイトを転載

 
三橋 淳子(みつはし じゅんこ)
 

ソーシャルワーカー 1998年~

精神保健福祉士 2003年取得

◆市民団体神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】代表 2014年~

https://www.alternative2014kanagawa.com/

◆一般社団法人日本アンガーマネジメント協会

https://www.angermanagement.co.jp/

アンガーマネジメントファシリテーター 2016年取得

アンガーマネジメント 叱り方トレーナー 2020年取得

アンガーマネジメント ハラスメント防止アドバイザー 2020年取得

アンガーマネジメント コンサルタント 2121年取得

特定非営利活動法人 キャリアコンサルティング協議会

https://www.career-shiken.org/

国家資格キャリアコンサルタント 2019年取得

 特定非営利活動法人 予防医学代替医療振興協会

http://www.pamedicine.jp/

 学術委員 2019年~

 予防医学指導士 2021取得

 

◆相談支援専門員 2009年取得 横浜市

ストレスチェック実施者研修 2018年終了

 

 

・・・・

 

【経歴】

 ◆精神科病院で10年勤務

医療相談室にて相談業務、退院支援、訪問看護、精神科デイケア、地域連携

 

◆就労支援事業所で1年3か月勤務

就労移行・就労継続支援B型がある多機能事業所にて、主にB型での相談業務、作業のサポート

 

精神障害者の生活支援センターで8年9か月勤務

事業所内での相談業務、訪問・同行(横浜市事業の自立生活アシスタント担当)

 

ソーシャルワーカー(福祉の相談員)として医療で10年、地域で10年。

精神障害者と言われる人たちから20年、学ばせていただきました。

 

・・・・

 

 ですが、この20年はずっと、

「自分が関わっている、精神医療と福祉業界について、疑問に思うこと、おかしいと思うことを確認するために学び、現場で実践を重ねて来た」20年であったと言えます。

◆利用者さん(患者さん)と言われる当事者の人たちは、医師や福祉の言う通りに通院、服薬をしているのに、よくなっていない。

むしろ長年の服薬で、出来ることが減り、副作用がつらく、どう見ても悪化している。

入退院を繰り返す人もいる。たくさんの薬を飲んでいる人もとても多い。

◆よくならないことを、「重症だから」「それが障害だから」「薬だけではよくならない。生活面でのリハビリが必要」「無理せず寛解をめざすのがよい」「これでも安定している方だ」「この病気は時間がかかるから」などと、支援側は耳障りのよい言葉で、正当化している。

私の学びが足りないから、このように思うのかもしれないと、長年、たくさんの研修を受け、書籍を読み、現場に立ち、考えて来ましたが、20年かけて出した結論は、「やっぱりおかしい」でした。

 

特に大きなきっかけとなったのは、2011年。

担当していた利用者さんのお宅を訪問したら、亡くなっていました。【突然死】です。

その日の午前中まで、電話でお話をしていたのに。

その人は、受話器を持ったまま、倒れていました。

 

私は、第一発見者となり、震える手で救急隊を呼び、警察も来て、死亡確認と現場検証に立ち合いました。

ご家族と疎遠だったその人は、生活保護直葬となり、私は役所にお願いして、その場にひとり立ち合わせてもらい、見送りました。

これからのことを一緒に考えて、疎遠になった息子さんにお手紙を書いたり、お墓のことを調べたり、動き始めた矢先でした。

自死ではなく、突然死です。その人は絶対に、死にたくなかったはずです。

本当に、無念だったと思います。

 

お骨は、小さな骨壺に入れられました。遠方の親族が引き取りを拒否したので、そのまま、無縁仏さまになってしまいました。

その人はずっと、「こんなにたくさん薬を飲みたくない。副作用がつらい。最初は神経症だったのになんでこんなに悪くなってしまったのか。主治医を変えたい。でも認めてもらえない」と言っておられました。

私は主治医に連絡をして、薬を減らせないかと何度か伝えましたが、この人は感情の波が激しい人。これでも薬は少ない方です。福祉の人からも、きちんと飲むように言ってください」と言われてしまいました。

何も知らなかったその時の私は、言い返すことができませんでした。

 

死亡時診断は、「急性心不全でした。心臓の既往歴はなかったのに、です。

 

これは、長年飲んでいた精神薬のせいなんじゃないか。

それまでも、年間何人も、自宅やグループホームで亡くなる利用者さんがいました。

現場で受ける研修では、「薬の効果」「必要性」「飲むように促す」ことばかり教えられ、

副作用など、何かあれば主治医に確認するように言われるだけでした。

 

その主治医が、間違っているとしたら?

そもそもこんなに長期間、大量の薬を出すのって、おかしくないか?

 

病院勤務時代から、実はずっと疑問に思っていたことを、ようやく本腰入れて学ぶことにしました。

独自に調べて行く中で、【精神医療被害連絡会】に出会います。

そこには、精神医療で酷い目にあった人や、ご家族を亡くした人たちが、精神薬での【薬害】を訴えていました。

私は、利用者さんの死をきっかけに、医療や薬のことは医師に任せておけばいい、という福祉業界の暗黙のルールではダメだと気づきました。

 

被害連絡会の仲間たちの経験を聞き、精神薬の害について一緒に学び、よくならないことや副作用がどれだけつらいか、そして病者、障害者とレッテルを貼られ、自分の意見をまともに聞いてもらえないことがどれだけ屈辱的で悲しいのか、多くの仲間に教えてもらいました。

彼らは、恨んでいるであろう支援職である私に怒りをぶつけることは一切なく、「よく来てくれたね」と言って、丁寧に教えてくれました。

 向精神薬の副作用は、脳や心臓、腎臓・肝臓、腸など全身にわたり影響があるため、本来はもっともっと慎重に投与すべきだし、処方する時には、もっともっと副作用や害について、デメリットについても十分に説明したうえで、【本人の同意を得る】ことが必要なのに、それがされていないこともわかりました。人権問題だと思いました。

 

そして彼らの中には、自分で独自に減断薬をされ、生き延びたサバイバーたちがいました。

薬を勝手に減らしたり止めたりしたら、再発して、さらに治りも悪くなる。そう教育されていた私は、とても驚きました。

「良くなるために飲んでいた薬で余計に悪くなる、医原病」の存在もその時知りました。

ですが、医療側は医原病を認めないし、自分だけで薬を減らしたり止めたりすることはとても大変で、

離脱症状と言われる、減薬していく中で心身に表出するさまざまな不快で苦しい症状に耐えたり、

断薬しても、これまで飲んでいたクスリの「後遺症」と付き合いながら生活したり。

それだけでもとても大変なのに、何よりも、身近な人や周りから、

「病識が無い」「医療を勝手に中断した人」という、新たなレッテルを貼られて苦しむことも知りました。

 

 

彼らの多くは、90年代後半から始まった、製薬会社主導で国も乗っかって派手に行われた、

「うつはこころの風邪キャンぺーンにより、精神科や心療内科の受診の敷居が下がり、軽い不眠や不安、過労などの症状で受診したことをきっかけに、どんどん薬が増え、悪化し、診断名も増えたり変わったりという経過を辿っていました。

 

また、子どもの頃や思春期に診断をつけられ、長期にわたり服薬していて、常にからだがだるく精神が不安定だったことで、大人になる上での必要な社会経験ができずに、自信をなくしている人たちもいました。

彼らの受診のきっかけは、「不登校」や「学校になじめない」、「勉強がわからない」「親との関係がよくない」など、病気として診断せずに何か方法があったのではないか、と思う経過ばかりでした。

 

「病気や障害が、つくられている。(医療化)」という事実に、衝撃を受けました。

 

◆私は、何も知らずに、いや、薄々これでいいのかな、なんでよくならないのかな、薬、多くないのかな、とか色々と思っていたのに、しっかりと向き合わずにいたことで、間接的に被害を生み出す加害者になっていたのではないか。

絶望感におそわれ、現場を辞めようと思いました。

 

ですが、自分だけ逃げるように離れるのは違うと思い、それからは現場で少しずつ、これらの事実の発信や、医療との交渉を始めます。

残念ながら、同じような思いで私と一緒に学んだり発信する同業者の仲間は、現場では1人も出来ませんでした。
気づいてはいるけどそこまでは踏み込まない。必要な薬もあるし、医療とは連携すればいい。コミュニケーション不足なだけだ。

そんな風に言う人もいました。

これだけ毎年亡くなっているのに、そんな呑気なことを言っている状況ではないのにな、と悲しくなりました。

医療との連携を言う前に、本人の気持ちをしっかりと聴くこと。薬を減らしたい、やめたいという人には、知識や情報を伝え、一緒に学び、本人が自分で決めて取り組むための支援を最優先するべきだと、私は思います。医療の指示ありき、ではないのです。

 

私が利用者さんの薬のことを主治医や医療職に投げかけると、露骨に嫌な顔をされたり、必要な薬ですから、と高圧的に言われたり、挙句の果てには、「医療に立ち入りすぎだ」「主治医の指示に従え」「本人の病状をわかっていない」と、行政や病院、訪問看護からの苦情も来ました。

 

現場での限界を感じ、2014年からは被害連絡会の仲間とともにオルタナティブ協議会神奈川支部(オルかな)を立ちあげ、外側から発信する活動、そして批判や問題提起ではなく、じゃあどうしたらいいのか、を考え、別の選択肢を模索して行く活動を始めました。

そして2018年には、現場を退職し、この事務所を立ち上げました。

 

突然死する利用者さんが毎年出るのは変わらず、退職を決めた2018年にも、長年関わっていた大好きな利用者さんが、亡くなりました。

長年、理不尽な通院、多剤処方、入院、悪質な訪問看護を受けさせられていた病院を、本人の希望でようやく変えて、あらたなスタートを切ったばかりでした。

 

私は2011年から、この活動をしていたのに、この人の処方ではいつ亡くなってもおかしくないとわかっていたのに、

これから減薬をしていくはずだったのに、間に合いませんでした。

 

現場では本当に無力で、もどかしくて、利用者さんたちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

退職後も、あの利用者さんが亡くなったよ、という報告が入ります。

なぜ、頑張って通院・服薬し、疑問や不満がありながらも指示に従って来た利用者さんたちが、次々と死ななければならないのでしょうか。

まじめに服薬してきた人ほど、悪化しているように見えます。

 

独立した今、しがらみなく現場で見た真実を発信していくこと、また、福祉事業所で勤務する福祉職の仲間たちへ、講座や研修、コンサルテーション等を通して、あまり語られない精神薬の危険性、利用者さんの人権のこと、具体的にどうしたらよいのかなどを、伝えて行きたいと思います。

 

このブログと関係のあるサイトを転載

何万もの袴田事件

 
48年間も不当に身柄を拘束されていた袴田さんがようやく釈放されました。信じ難い、許されない冤罪事件です。

日本は冤罪事件であふれています。冤罪によって不当に身柄を拘束されているのは拘置所にいる人だけではありません。

それよりもはるかに多い割合で不当に身柄を拘束されているのは、言うまでもないでしょう。精神病院に閉じ込められている人です。

袴田事件ですら、裁判が開かれ、弁護士が付いて本人にも弁明の機会が与えられていました。しかし、一切弁明の余地なく、精神科医に一方的な判定のみで身柄を拘束されているのが強制入院被害者です。

どんな凶悪な犯罪者に対しても国選弁護士をつける権利が与えられ、公開の法廷で弁明したり争ったりするチャンスが与えられていますが、精神障害と判定された人には一切そのような権利はありません。どれだけ正常な人であっても、精神科医に判定されたらそこで全て終了です。

精神病院には、50年以上閉じ込められている人がいます。私が最初に視察にいった精神病医では、職員が「当院には、戦後すぐから50年以上入院している患者さんがいるんですよ。ハハッ!」とまるで他人事のように紹介していたのが衝撃的でした。その人が本当に病気だったのかすら確かめる術はありません。

精神科病院に強制的に入院させられている人には、袴田さんのように再審によって名誉を回復するチャンスもありません。精神医療審査会は機能しません。扱いは死刑囚以下です。強制的な投薬や隔離・拘束は拷問に等しいのです。

確かに、検察もねつ造をします。しかし、司法のねつ造冤罪事件と強制入院のねつ造冤罪事件とでは、被害の数も割合も、おそらく5桁以上は違うでしょう。同列で扱える問題ではありません。

検察は立証する責任があり、弁護士はそれに反論することができます。しかし、医療保護入院の場合、その患者を入院させたい親族の話が本当かどうか立証する必要はありません。精神科医は、患者の訴えを「病識がない」としてはじめから採用するつもりはありません。何の立証責任もない検察の主張が一方的に採用され、被告には一切弁明の機会がないまま終了する裁判のようなものです。冤罪が起きるのは当たり前です。

多くの人が以前は検察がねつ造することなど想像もできなかったように、精神科医がどれだけ根拠のない強制入院をさせるのか想像できないままでいます。

是非知って下さい。精神医療界では、何万もの袴田事件が起きているということを。

このブログと関係のあるサイトを転載

 

サードオピニオン会・講演会のお知らせ
減断薬読本購入希望の方

 

20世紀にはうつ病は回復する病気であった。

うつ病が治らない病気になったのは21世紀に入ってからである。

 

よくよく考えて頂きたいのだが、日本うつ病学会(もとは製薬会社のうつ病研究会)なるものが出来たのは平成16年。現在ではうつ病は、精神疾患における重要な疾患と位置づけられ、患者も100万人以上存在する。その学会がわずか13年の歴史しか持っていないのである。学会の出来る前に、十分な研究が行われる前に、なぜか治療法(薬物投与)だけ確立していたのである。

 

さらに、精神科医の数は、21世紀になって1.5倍に増加している。

いわば、3人に1人は、ひよっこである。

臨床経験の少ない医師が、ろくに研究されてもいない治療法を患者に押し付けてきたのである。

 

いい加減なことをやってきたから、当たり前のようにその結果は悲惨である。すると今度はその治療成績に悪さを逆手にとって、難治性うつなんて言葉を流行らせるという悪質さ。

エビリファイは、難治性うつの治療薬として認可されているが、当たり前に様に処方されている。いったいどれだけ難治性のうつ病患者がいるというのだ。うつ病抗精神病薬を処方するようになり、当然のことだが、アカシジアジストニアなどの副作用リスクにうつ病患者がさらされることになった。エビリファイはこれらの副作用を起こしにくいと宣伝されてきたが、実際の副作用報告をみればそれが嘘であることは明らかだ。

 

19世紀末からのうつ病キャンペーンは、もはや隠し切れない悲惨な結果を生んだ。

突如現れた20世紀には存在しなかった精神疾患を理由とする膨大な数の回復しない休職者がその証だ。心の問題であれ、体の問題であれ、休職するだけの不調を抱えた人が急増すること自体がおかしいのである。

 

うつ病キャンペーンは峠を越えたが、次のターゲットは発達障害認知症である。

これらは、着々とうつ病と同じ道、いやそれよりさらに質の悪い道を歩んでいる。こどもに対する薬物投与の危険性は、成人のそれとは比べ物にならない。

うつ病のケースと同じように、最初に治療法だけが先行。

うつ病のケースよりもさらに、なんの研究もしていない、にわか自称児童精神科医認知症を専門とする精神科医が大勢現れているのである。

 

彼らは専門家でも何でもない、信用できるはずがないである。

このブログと関係のあるPDF文書

精神医療改善の為の要望書 

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/iin4-2.pdf

 


精神医療における「過剰診断」と「被害の語り」

https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-25590117/25590117seika.pdf

例えば

更生施設けやき荘で「鬱病の中年女性」が「統合失調症の三十代の女性」(これはその段階でそう診断されている、というだけで誤診を受けている可能性があったとしても)
に対して「てめー死ねや」と言って蹴ったとする。
そして「統合失調症の三十代の女性」が「辞めて下さい」と大声をあげた、とする。
この状況ならば「更生施設けやき荘職員」は「統合失調症と診断されている三十代の女性」の側を
「突然大声を上げた、他の入居者が怖がっている」として警察を呼びますよ。
物事の「前後」この場合であれば大声を上げる前に「てめー死ねや」と言って蹴りつけている。
ここを「更生施設けやき荘職員」の場合確認を取らない。

最初っから「鬱病の言い分はまとも」(人柄の問題を度外視する)
統合失調症の人間は何するか分からない」として警察を呼び「どうやら、他の入居者が「てめー死ねや」と言って蹴ったらしい」等と説明はしてくれない。

勿論「てめー死ねや」と言って蹴った「鬱病の中年女性」は、口が裂けてもそんな事をしたとは言わない。

「戸塚警察」に至っては「犯罪でもないし、ちゃっちゃと片づけましょうや」どうだっていい、本来の仕事(刑事事件)とは違う、こんな者どうなったっていい、こういう対応。

若い頃

近所トラブルで相手も悪く口論になり暴力を振るった事がある。
それでも「示談」「鬱病」と診断されていた頃であれば「精神鑑定」など受けないで済んだ。
それが「20代」の頃でその後「躁うつ病」と診断されて(根拠は「鬱病には見えない」だと思う、きちんと説明されてもいない)その診断がおかしい、と申し出たら(躁うつ病と診断した医者と違う医者に)
「薬を劇的に減らしても言動に変化がないから「発達障害」と言われた。
その後事情があって転院してしまったら、「初診で5分」で成育歴も聞かれず診断に結び付くような質問もされずに「病名を変えられた」

その後、その誤った病名をつけた医者はそのような事をするだけあって対応が悪かったので自ら転院した。
転院した先でも「初診5分成育歴も聞かれず、診断に結び付くような質問もされず」しかし病名は引き継いだよう。
その後「けやき荘でのトラブル後」都内のメンタルクリニックに行って
「施設内で嫌がらせを受けそれに対して職員が対処もしてくれず怒っただけで警察を呼ばれた、精神鑑定は5分しかして貰えなかった」と告げたところ「カルテ」に自分の発言を裏付ける記述があったようで
発達障害」の診断に戻った。(発達障害と始めて診断されたのは、30代後半でそれ以前はコロコロ病名を変えられた「合併、重複ではなく発達障害のみ」と現在の主治医に説明を受けているので「発達障害診断以外の診断名」は全て誤診だと思われる。
E5SoU_BVgAEAIcK
E5SobaKVkAAbPS5